神戸講師会総合監修者・南野徹雄先生紹介

1978年兵庫県神戸市生まれ。大学を中退後、神戸市にて19歳で塾講師として働き始める。阪神地区の有名進学塾・予備校の教壇に立ち、灘高対策・早慶大・難関大医学部対策などの難関校受験指導が受験生の間で評判となる。27歳の時、神戸講師会名古屋校の設立に総合監修者として携わる。その後、28歳で【偏差値40を70に上げる 大学受験英語の戦略と勉強法】をエール出版社より全国出版する。出版後すぐに「先生のための教科書」との評判を呼び、全国の受験生及びその保護者、ひいては有名進学塾・大手予備校、医学部専門予備校の講師など教育関係者から多くの反響を得る。現在は学習塾のコンサルティングをはじめとして、塾・予備校講師の育成指導に携わる。加えて最近では、経営者の子弟や企業の若手幹部候補生へのコーチング、組織マネージメントなど、その活動の幅を広げている。

1978 年兵庫県神戸市生まれ。 大学を中退後、神戸市で19 歳で塾講師として働き始める。阪神
地区の有名進学塾・予備校の教壇に立ち、灘高対策・早慶大対策などの難関校受験指導が受験生
より評判を呼ぶ。27 歳で南野徹雄事務所を名古屋市千種区に設立。 同時期に、神戸講師会名古
屋事務局の設立に総合監修者として携わる。28 歳の時に「偏差値40 を70 に上げる、大学受験
英語の戦略と勉強法」がエール出版社より全国出版される。出版後すぐに「先生のための教科書」
と評判を呼び、全国の受験生及びその保護者はもちろん、私立有名校・有名進学塾・大手予備校
の講師など教育関係者から多くの反響を得る。 現在は学習塾・進学校のコンサルティングをは
じめとして、塾・予備校講師の育成指導に携わる。 加えて最近では、経営者の子弟や企業の若
手幹部候補生へのコーチング、組織マネージメントなど、その活動の幅を広げている。 

監修者挨拶

志望校まで遠回りは一切せずに最短距離で。そして、できるだけ楽しく気楽に勉強ができるように。 これが神戸講師会の指導方針です。当会の授業では、志望校合格へ遠回りは一切しません。 ただ、授業を受けるだけで成績が上がる・・というのとは残念ながら少し違います。あくまで、「成績を上げたい」「志望校に合格したい」という気持ちが大切です。その気持ちはほんの少しだけで構いません。勉強に自信がなくても、志望校合格への偏差値が足りなくても、学年順位が下位であっても構いません。中学、高校時代の僕もそういう状況でした。不安なことがあれば、どのようなことでも遠慮なく相談してください。勉強は正しいやり方でやると、しっかりと結果が出ます。 特別な教材なども必要ありません。当会ではそれを多くの先輩たちが志望校合格という形で証明しています。 受験勉強となると、どうしても深刻に考えてしまいがちですが、できるだけ楽しみながら勉強を進めていけるように、 

                講師、スタッフ全員でサポートしていきます。

 

                     神戸講師会名古屋校総合監修者 南野徹雄