· 

早稲田大学政経学部が数学を必須化!

早稲田大学政治経済学部が2021年度以降の入試で数学Ⅰ・Aを必須化することを発表しました。今まで、英・国・社の3科目入試を長年行ってきた早稲田大学がなぜそのような方針をとることにしたのでしょうか。

それは、経済学の授業で必要な数学の知識が不十分な早大生の数があまりにも増えてしまったことにあるようです。今までの政治経済学部の入試といえば、社会が特に特殊なものでした。マニアックな問題を出題し、それらを得点できた受験生が合格を勝ち取るというものでした。そのような入試に対応するため、受験生は英語・国語・社会を必死に勉強してきました。それでは、2021年度以降の入試対策としてどのような対策をしていけばいいのでしょうか?

 

早稲田大学政治経済学部2021年度以降の入試科目

 

試験内容【政治学科、国際政治経済学科、経済学科共通、合計 200 点満点)

 

【A】 大学入学共通テスト(100 点)以下 4 科目を 25 点ずつに換算する。

 

① 外国語(以下いずれか 1 つを選択)

・英語(リスニングを含む)

・独語

・仏語

② 国語

③ 数学Ⅰ・数学A

④ 選択科目(以下いずれか 1 つを選択)

・地理歴史「世界史 B」「日本史 B」「地理 B」から 1 科目

・公⺠ 「現代社会」「倫理」「政治・経済」「倫理、政治・経済」から 1 科目

・数学 「数学Ⅱ・数学 B」

・理科 「物理基礎」「化学基礎」「⽣物基礎」「地学基礎」から 2 科目

あるいは「物理」「化学」「⽣物」「地学」から 1 科目

 

【B】 英語外部検定試験および学部独自試験(100 点)

使用できる英語外部検定試験は、大学入学共通テストで活用される試験を前提とし

て検討中とのこと。※英語外部検定試験の配点割合は 2)の 3 割程度(全体の 15%程度)とする予定。学部独自試験は 1 科目のみを 90 分間で実施予定。なお、⽇英両⾔語による⻑⽂を読み解いたうえで解答する形式とし、記述解答を含む。

 

【A】【B】ともに同点、そして【A】【B】の両方に英語が含まれていることを考えると、とにかく英語を鍛えることが最優先です。そして数学Ⅰ・Aを強化することができれば、Ⅱ・Bまで強化することがよいでしょう。数学Ⅱ・BはI・Aの延長であること。また、早稲田を突破するぐらいに数学を強化できるのであれば、Ⅱ・Bに取り組むこともできるからです。英語・数学を優先し、余力で国語を強化していく。これが王道と言えます。国語は確実に得点力を上げるには、古典で常に得点できるようにすることです。古典文法は英語文法の3分の1以下といっても過言ではありません。高3の夏前から本気で取り組んでも突破することができます。古典で常に得点できるようにするには、古典単語を暗記する以上に確実に識別ができるようになることです。残念ならが、識別についてはこの問題集1冊でしっかりと基礎が学べるというものがありません。数学のチャート式のような問題集があれば理想なのですが。。。。

 

講師会では、篠崎先生がオリジナルで教材を作成してくれています。これにしっかりと取り組むことで、古典の偏差値が70を超えた生徒が何人もいます。南山女子部、金城学院、名古屋高校の定期テストにも活用できるものになっています(*^-^*)