· 

大学受験までの英語の学習の流れ

少し前までとても暖かかったのに、寒くなりましたね。

名古屋の大学受験生の皆さんこんにちは(*^-^*)

名古屋市営地下鉄東山線、本山から徒歩1分の末盛4の交差点にある神戸講師会名古屋校です☆彡今日も、受験生の皆さんに役立つ情報を発信していきます。

神戸講師会名古屋校は個別指導がメインです。

授業と同じように、一人一人に合った学習方法を探していくお手伝いをしていければと思います(*^-^*)

 

今日は英語のおおまかな学習の流れやおすすめのテキストについてご案内します。

 

①中学基礎文法を固める(新中学問題集を使用)

②高校範囲の読解用英文法を固める(高校リード問題集Ⅰ・Aを使用)

③長文の学習(南野先生作成プリントを使用)

④過去問、センター対策(南野先生作成のプリントを使用)  

おおまかにこの4つに分類されます。

 

  • ③と併行してHWでは文法問題用の問題集(講師会名古屋校ではネクステージを使用しています)を学習していきます。これは、②をしっかりと固めていれば一人ですすめることができます。HWとして学習をし、分からないところのみ塾や予備校の先生に質問をしてください。
  • 高校2年の秋ごろから単語、熟語の小テストを開始していきます。(国公立志望者、医学部志望者は更に早い時期より始めます)
  • ②をしっかりと(私大文系受験であれば、理想は高2の春から始め、高3までに3巡。医学部受験であれば、高1の春から始め、高2の春までに2~3巡)理解すると、③に入ったときに、今までの成果をぐっと感じることができます。そして、③を一定期間学習すると、偏差値があがってきます。できる限り早く模試での結果を出したい生徒は、②が終了するまでは英語を最優先に学習することを提唱しています。
  • ④は、入試直前に行います。大学受験生によっては、必要がない場合もあります。逆に、①②③をぬかし、④ばかりしようとする大学受験生もいますが、それでは、絶対に実力はつきません。
  • 国公立、または医学部を受験する場合、英作、和訳等の対策が必要となります。これは、基礎レベルのものは②で行います。入試レベルの問題への対応力は③になってから、別途、行います。
  • 医学部志望者は、高3の春までに③を終了させておく必要があります。高校3年生の一年間は志望校別対策、特に生物化の追い込み学習に力をいれて欲しいからです。
  • 国公立志望者は、高3の春までにセンター入試で必要な科目の学習を一通り終了させておく必要があります。高校3年の一年間は、二次試験対策が主な学習内容となります。

 

◇お勧めの単語帳(英語)

神戸講師会名古屋校がお勧めしている単語帳は速読英単語入門編→ターゲット 1900 です。

ただし、学校で配布された単語帳で不便を感じていなければ、それを引き続き使用してももちろん問題ありません。わざわざ上記に挙げた単語帳を新たに購入する必要はありません。ほとんどの受験生には必要ありませんが、もしターゲット 1900 を完璧にし、物足りないという場合は、速読英単語必修編をお勧めします。こちらは長文の中で単語を覚えることができる効率よく学習のできる単語帳です。ただ、掲載されている長文は簡単ではないので、題名どおり速読しないようにしてください。しっかりと時間をかけて一文一文精読しないと意味がありません。実は、こういったところが他の受験生徒と差をつけられるポイントです。早慶、上智などの最難関私大受験生には、鉄壁もお勧めです。

 

◇英語の単語帳の使い方

・ 1 冊を完璧に仕上げる。

・ぼろぼろになるまで使い込む。

これが王道の単語帳の使い方です。

 

◇英語の単語の覚え方

単語の意味は、最初は一つだけ覚えます。

例えば、 play はまず「~をする」だけを、次に「演劇」という意味を覚えていきます。

一度に複数の意味を覚えようとすると必ず途中で嫌になってしまいます。なぜなら覚えられていない単語リストが膨大になってしまうからです。中長期的に見て、単語の学習でのモチベーションをいかに下げないか、(そしてできれば上げられるか、)がポイントです。

そして、最も大切なことは英単語を見たらすぐに(できれば 1 秒以内に)、日本語が思い浮かぶレベルまで仕上げることです。

 

 

1 、記憶の軸となる一つの意味を覚える。

2 、二つ目の意味や、派生語、対義語などを覚える。

この方法が最も頭に残りやすい覚え方です。

 

☆講師会名古屋校で使用している長文問題集

講師会名古屋校では様々な種類の長文問題集を使用し、その中から各受験生に適した問題をピックアップして使用しています。使用しているテキストの一部を下記にご紹介します。

 

大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル1 超基礎編

大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル2 センターレベル編

大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル3 

英語長文レベル別問題集 ④⑤

パラグラフリーディングのストラテジー ②③

富田の英文読解100の原則

私大医学部長文

 

上記は一部です。

この中で、その時の力に適した問題を抜粋して使用することが重要です(*^-^*)

英語の配点は高いですし、しっかりと英文法を学習し読解ができるようになると、TOEICなどの高得点を狙う学力の下地になります!大学入試制度も変わりますから、ぜひ、英語は確固たる実力をつけてほしいと思います☆彡