東海、南山女子部に通われている方へ

当会は、 大学入試という最終目標を見据えながら、 そして志望大学への合格率を上げることを軸に置きながら、 要望があれば学校のテストに合わせた指導を行っております。

  


東海高校について

 

<高1生>

・2年生からのクラス分けでA群に入る

・A群に入った後、A郡の中でもトップを取る

こういった目標に向け、クラス分けにおいて重視される実力テストで高得点をとることに重点を置いてカリキュラムを組みます。東海高校の実力テストの通年の傾向は、学校の課題から出題される問題と実力問題(初めて見る問題)の二部構成になっていることです。そのため、学校の課題から出題される範囲を完璧に習得しておくのはもちろんのこと、実力を養っていくことも大変重要です。

 

<高2生、高3生>

1年生の実力テストと同様、本当の実力が身についていれば定期テストでもしっかりと得点をすることは可能です。もちろん、希望される場合にはA群・B群それぞれの生徒のレベルに合わせたテスト対策を行っております。※本当の実力を養っていくことについては、下記【南山女子部について】の項目をご覧ください。

 

  


南山女子部について

 

 <英語>

南山女子部の授業では、1年生の段階ではまだ文法学習も行われています。しかし、2年生以降は入試を見据え、長文を扱う比重が非常に高くなっています。また、定期テストではまったく授業で触れたことのない長文も出題されます。つまり、とても対策がとりづらい定期テストの形式となっています。そのため、学校の定期テストに力を入れ過ぎることなく、入試に向けて実力を身に付けていくというスタンスが志望校合格へ向けて最短となります。国語も同様です。

 

<理系科目>

英語に比べ単元毎の独立性が強いため、学校の進度に合わせてそれぞれの単元を習得していくことで、入試への対応力を養成していくことが可能です。定期テスト対策が入試対策に直結する効率の良い学習法です。そのため理系科目に関しては、学校の内容を完璧に理解し、トップをとることを目指していきます。

 


設立以来、東海、南山女子部に通っている多くの生徒が当会に通塾し卒業しています。 難関大学に多くの生徒を合格させてきた実績のある講師が、学校の勉強に合わせながらも大学入試を見据えた授業を行います。各学校に在籍している生徒の指導内容については、こちらをご覧ください。

 


ダウンロード
東京大学英語解説
当会で使用しているものの一部です。
東大英語.jpg
JPEGファイル 862.5 KB