兵庫医科大学の傾向と対策

《英語》

レベル: 標準

問題量: 多い

出題形式: 記述形式とマークシート形式

 

読解問題2~3題、文法・語法問題1~2題、和文英訳1題という構成が2009~2014年度まで続いている。読解問題の文章の語数は年々増えており2014年度では約750~800語の長さである。テーマは医学・医療だけでなく人文科学や物語など多岐にわたる。英文和訳は例年出題されている。文法・語法問題では例年語句整序と空所補充はやや多めに出題されている。和文英訳は、文法や語彙のスペルにミスのないよう、まずは自分が書きやすいシンプルな英文を書くよう心がけることが大切である。全体的に難易度レベルは標準的である。基礎的な文法からしっかりと足元を固めておくことが重要となる。

 

 

《数学》

レベル: やや難

問題量: 多い

出題形式: 記述形式

 

例年大問3題。指数・対数、確率、積分が頻出単元である。大問1は5~7問の小問集合であり、標準~やや難の問題が混ざっている。計算が煩雑になり、解ききるのに時間がかかる問題は後回しにしたほうが良い。大問2と大問3に時間をかけて、完答を目指すことにより得点を伸ばすことができる。そのため大問1は後回しにするほうが良い。合格点がさほど高くないため、まずは標準レベルの問題をミスなく解ける力が必要となる。数学を得点源にしたい場合は、『青チャート』のEXERCISE までしっかりと仕上げておくと良いだろう。

 

 

《化学》

レベル: やや難

問題量: 多い

出題形式: 記述形式

 

2008年度は大問5題、2009、2010年度は大問4題、2011年度以降は大問3題。大問1は無機・理論の融合問題がここ4年ほど出題されている。この大問がかなり特徴的であり、煩雑な計算を要求されたり、見慣れない実験問題が出題され、実験結果の考察や、反応の理由が記述形式で出題される。まずは基礎知識を定着させ標準的な問題演習をしてから、国公立大の過去問を使い、演習するのが良いだろう。残りの二つの大問もやや難の問題が多い。ただ、基本的な問題も含まれているのでそこで点を落とさないことが最も重要である。『重要問題集』のA問題までを確実に仕上げ、B問題まで演習を繰り返せると良い。

 

 

《物理》

レベル: やや難

問題量: 多い

出題形式: 記述形式

 

2 0 0 8、2 0 1 2 年度は大問3 題、2009、2011、2013年度は大問4題、2010、2014年度は大問5題。毎年大問数に変化はあるものの、必ず1題は小問集合となっている。力学からはモーメントと運動方程式が、電磁気学からは電場と電位、磁場・電磁誘導がよく出題されている。小問集合は比較的易しい問題が多いので、ミスなく高速で解いていきたい。残りの大問はやや難の問題が多い。対策としては、まず標準レベルの問題集を一冊仕上げてから、『名問の森』で演習を何度も繰り

返すと良い。合格するために高得点は必要ないので、解ける問題から解いていくことで、合格の可能性が上がる。

 

 

《生物》

レベル: 標準

問題量: 多い

出題形式: 記述形式

 

2008、2009、2011年度は大問4題、2010年度は5題、2013年度は8題、2012、2014年度は7題。毎年大問数に変化はあるものの、必ず1題は小問集合となっている。大問が4~5題の時は、やや難のレベルの問題が多かったが、大問数が増えてからは標準レベルの問題が多くなった。その代わりに問題数が増えたため、解答スピードが求められる。限られた時間の中でも100語以上の論述問題がよく出題されるため、日頃からスピードを意識して長文の論述対策をしておく必要がある。