東海大学医学部の傾向と対策

《英語》

レベル: 標準

問題量: 標準

出題形式: 記述形式とマークシート形式

 

読解問題4題、文法・語法問題2題、会話文1題、英作文1題の構成が2011~2014年度まで続いている。英文和訳と和文英訳の問題が記述形式だが、マークシート形式の問題がメインである。長文のテ

ーマは理系、文系を含み多岐にわたる。読解問題の中には、図表を読み取るものや四つの短文を並び替えるものなどバラエティに富んでいるため形式に慣れておく必要がある。和文英訳がやや難しめだが、全体的には易しめのレベルで、基本的な読解力をつけ総合的な力を養うことで対応できる問題となっている。

 

《数学》

レベル: 簡単

問題量: 標準

出題形式: 記述形式

 

例年大問3題。確率、ベクトル、積分が頻出単元である。大問1は小問集合になっていることが多い。問題レベルは基本~標準となっている。難問はほとんど見られない。合格するためには高得点が必要となるだろう。小問集合以外は、誘導形式の問題となっている。しっかりと誘導にのれることが重要となる。『黄チャート』で何度も演習を繰り返した後に、過去問を使って、誘導形式になれておく必要がある。センター試験の過去問を使うことも良い演習になる。

 

《化学》

レベル: 標準

問題量: 標準

出題形式: 記述形式、マークシート形式

 

2 0 0 9 年度は大問5 題、2 0 0 8、2010、2011、2013、2014年度は大問6題。2012年度は大問7題。理論分野からの出題が多い。気体の法則、反応速度、化学平衡は頻出である。簡単そうにみえる問題が多いが、計算が煩雑であったり、問題集によく載っている問題と少し条件が変わっていたりするものがある。問題演習を行う時に、ただ覚えるだけでなく実験内容などについて深く考えながら演習を繰り返すと良い。無機分野からの出題は比較的少なく問題レベルも標準である。『重要問題集』Aレベルまでを仕上げれば十分対応できる力を身につけることができる。有機分野からは、元素分析、構造式の決定が頻出である。多くの問題を解き、スピード、正確性を養っておく必要がある。2~

3割ほど応用問題が含まれている。標準問題をいかに正確に高速で解き、応用問題に時間が回せるかがポイントとなるだろう。

 

《物理》

レベル: 標準

問題量: 標準

出題形式: 記述形式、マークシート形式

 

例年大問4題。力学、電磁気学、波動、熱力学からそれぞれ1題ずつ出題されている。力学からは、運動量、仕事とエネルギー、電磁気学からは、磁場・電磁誘導、波動からは光波がよく出題されている。標準

レベルの問題がほとんどを占めているため、合格するためには高得点が必要となる。標準レベルの問題集をしっかりと一冊仕上げ、公式を自由に使いこなせるようにしておきたい。少量ではあるが、やや難の問題も含まれている。標準レベルの問題を速く解き終え、どれだけ時間を回せるかが高得点を取る鍵となる。日頃の学習から式を立てて終わりではなく、最後の答えまでしっかり出す訓練をし、計算力を鍛えておきたい。

 

《生物》

レベル: 標準

問題量: 標準

出題形式: 記述形式

 

例年大問5題。タンパク質、遺伝、動物の反応がよく出題される。基本~標準レベルの問題が多いが、中には見慣れない実験問題が出題されることもある。まずは標準レベルの問題集を一冊仕上げて、基本問題は取りこぼしのないようにしたい。やや難の実験問題でどれだけ得点を重ねることができるかが合否のポイントとなる。日頃の学習から、難しい問題にもじっくりと時間をかけて解き、しっかりと考えるくせをつけることが重要である。